2017年03月13日

断わる。。

夕暮れにフランと二人、まったりんこな公園で


『さわらせてもらってもいいですかー』

お若いママさんの声が..


公園




犬がボールを持っている時は危ないからと下手な言い訳をし

お断りをしましてん

これが少し前なら「いいですよー 大丈夫ですよー」 って

言ってたと思うの、、


何が起こるか分からないことを つい最近の

あの事故で学習しましたからね




犬が人を咬んだという話しを聞けば

私は常に 犬の側に同情的になる、

しかし責任の大半が 飼い主の側にあるとばかりは言えないし

ただ犬の本能を知らなさ過ぎたからの結果となったわけですから..




もし この小さな子供さんが フランを触っている時に

突然、フランが立ち上がって走り出そうものなら

事故になりうる可能性も十分あるし、、


フランを じーっと動かぬように押さえつけて

「どうぞー」なんて触らせてあげるほどのサービス精神は私には無い、

一時の気まずさはあれど これから先も きっとこうして

お断りしていくと思いますわ、、。






あたしって 人畜無害やのに。。

にほんブログ村
♪今日もフランに会いに来て下さって有難うございます
posted by フランママ at 23:50| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

本当にあの事件はショックでした、、、
大型犬って聞いてたけど、まさかゴールデンだったなんて、、、

状況はわからないけど、普段はおとなしい仔だって言うから、予想もつかない赤ちゃんの行動の何かにビックリしたのではと勝手に思ってます。

ナナも大人しかったけど、やっぱり小さい仔が触る時はヒヤヒヤしたもんでした。
動物の本能ってありますし。

それでも生まれたばかりの娘といっしょに寝かせてましたけど。。。

あのご家族さん それぞれが心に傷を負ってしまいましたし、これから大変でしょうね・・・

ワンちゃんはどうなってしまうのでしょう?
せめて殺処分だけはしないでほしいと思います。

名乗り出て飼えるものなら、名乗り出たいです。
Posted by ナナまま at 2017年03月14日 09:57
ママさん、こんにちは。
本当にあの事件は痛ましいですね。
ご家族の気持ちを考えると切なくなります。
本当に、どんなに穏やかなこでも、100%はありませんものね。
子供の行動は予測できないので、本能で反応したとしても仕方のないことです。
だから、断ることも大切だと思います。
何だかやりきれないですね。
Posted by さくら&凪ママ at 2017年03月14日 12:19
----------------------------------
♪♪♪ ナナちゃんのままさま こんにちは^^/
   コメントを戴きまして有難うございます

産まれたばかりのお嬢様とナナちゃんが一緒にやなんて
なんて素敵な情景でしょう!
お幸せなご家庭の そのものって感じがしますね^^

あんな悲惨な事件、誰も考えられませんよね
でもそれが起こってしまったのですから..

ママさんと同じく あのゴールデンさんを心配される方って
沢山いらっしゃると思うわ、、
不幸になるようなことは決してないように
私も心から願っています
Posted by フランママ at 2017年03月15日 02:34
---------------------------------
♪♪♪さくらちゃん&凪くんママさま こんにちは^^/
   コメントを戴きまして有難うございます

わんこさんも 飼い主さんであるご家族も誰も悪くないのよ、、
ただ お幸せなご家庭で起きた 不幸な出来事としか言えませんわ

あの事故を防げたのではないかと考えれば
やはり私はお断りするのが良策と思いましてね、、

ほんまやね ご家族のその後を思えば
お気の毒でなりません
Posted by フランママ at 2017年03月15日 02:44
レトリバー関連の事件。。。。
憶測でものを言うのは避けなければと 咄嗟に思いました。
と同時に
うちの仔は大丈夫! なんて?!!
「絶対はない!」ってことも思い出しました。

フランママの対処 正解だとおもいます。

わたし……
少しでも大型犬理解&応援して欲しいと 
怖くないよ!でも向かい合い方があるんだ!って
声をかけてくださる方(子供達)に接してきました。

うちのばあちゃん‘S そろそろ気難しいゾーンだもの
気をつけないと 再確認!
Posted by かすみ at 2017年03月15日 07:56
フランママさん おはようございます。
犬が人を噛むという事件は、本当に
心が痛みます。
私の友達には、飼い犬のことを溺愛していて
噛まれるように仕向けた人間が悪い
犬は全然悪くないと言っています。
確かにそうですが、うちの子一番主義的な
飼い主もどうかと思うのですよ
犬はやはり本能で生きています。
どんなに臆病でも気持ちの優しい犬でも
ひとつ歯車が狂うと何をするかわかりませんからね
なので、プルが他人の方に触ってもらってる時は
目を光らせてる私なのです。
Posted by プルのお母ちゃん at 2017年03月15日 08:34
ママさん、こんにちは!
あの記事、私は読んでいませんが母から聞きました。
誰が悪いのではにと思いますが、やはり小さいお子様は咄嗟に
何をするか分からないので、大人が気を配る必要性を痛感しま
した…。
フランちゃんは、賢いから写真のお子様がナデナデするくらい
問題ないと思いましたが、ホントですね、もしもも事があって
からでは遅いからお断りするのが良いのかも知れませんね。。。

我が家の小鉄は、吠えが日に日にレベルアップして怪獣から猛獣
へ進化しそうだったので、昨日トレーナーさんが自宅へ来て下さ
り『初トレーニング』をしました。もぅ全く期待していなかった
のに、別犬になりました。めちゃくちゃ賢くなりました\(^o^)/
Posted by テディのママ at 2017年03月15日 16:48
---------------------------------
♪♪♪ かすみさま こんにちは^^/
   コメントを戴きまして有難うございます

私も うちの子は大丈夫! って思ってますよー ^^
でも想像もつかない あんなことがあるのよねえ、、

犬好きの人になってほしいから
これまでも近付いて来る子供さんに触ってもらってたけど
これからは 色んな事に神経を使わないといけませんね
あのご家族には申し訳ないけど いいお勉強をさせて頂きました

13歳ちゃん 走ってますねぇ〜〜〜
すばらしいわ!
うちの先代の黒ラブは 13歳の時にはもう後ろ足が立たなくて
毎日、カートでのお散歩でしたから..
かすみさんの愛情とケアのたまものですね^^
Posted by フランママ at 2017年03月16日 02:46
----------------------------------
♪♪♪ プルのお母ちゃんさま こんにちは^^/
   コメントを戴きまして有難うございます

私もフランのこと、うちの子が一番って思ってますよー
でも お母ちゃんと同じく よその人の傍では
目を光らせてます^^

本能って決して悪くないのよ 持って生まれたものですからね
それを人間が どれだけ ちゃんと理解して知ってやるかで
事故は防げるのかも知れませんね、、

プルちゃんは いつも沢山のお友だちと遊べていいねえ
とっても楽しそうなお顔です^^
Posted by フランママ at 2017年03月16日 03:20
---------------------------------
♪♪♪ テディちゃんのママさま こんにちは^^/
   コメントを戴きまして有難うございます

世間からの厳しい目もあるでしょうけど
飼い主であるご家族もワンコさんも 誰も悪くないのよ
それだけに辛い事故でした

私もフランは大丈夫って思ってるけど
あんなことがあるとね やっぱり考えを変えなければと
思ってしまいますよ

小鉄ちゃんのこと 怪獣から猛獣やなんて そんなあほな!
でもちょっと笑ってしまいましたわ、、すみません^^ゞ
さすがトレーナーさんのお力って 凄いねー
初トレーニングで吠えなくなったのね
でも小鉄ちゃんなりに もしかしたらご苦労があったかも知れないね^^
小鉄ちゃん 頑張ってね!^^
Posted by フランママ at 2017年03月16日 03:39
おはようございます。
私もあの事件はショックを受けました。
最初は前にお住まいのおば様からラブラドールレトリバーが赤ちゃんを噛んで亡くなったと聞いたものですから。私も誰にも触っていただかない積もりです。
Posted by 華&さくら at 2017年03月16日 07:43
---------------------------------
♪♪♪ 華ちゃん&さくらちゃんママさまへ
    コメントを戴きまして有難うございます^^/

ラブもゴールデンも 同じレトリバー系やもんね
私もこの子たちが人を咬むなんて信じられへんかったですよ
何かの間違いやと思ったわ、、

いつも公園でフランにボールを投げてやってると
時々、子供が来てね
「ボールを投げさせてー」って
私は犬の疲れ具合を見ながら遊んでるから
絶対に断るの、、
って言うか 子供嫌いなんやね 私って..^^ゞ
Posted by フランママ at 2017年03月17日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック